HOME > 目次 > Electric Vehicle > Blog >  突ってる電気自動車 - 最高速チャレンジ編

突ってる電気自動車 - 最高速チャレンジ編

更新:2011-05-04 作成:2009-06-27

今回は最高速狙いのEV(電気自動車)にスポットをあててみます。

米国のボンネビルの最高速チャレンジには毎年のようにEVの参加がある様です。何台もありますが今回はとりあえずBuckeye Bulletのみ取り上げます。

国内勢だと慶応義塾大学のEliica:2004年 370km/h位@(伊)ナルド(KOYO ENGINEERING JOURNAL No.168(pdf) ) 、KAZ:2001年 311.67km/h@(伊)ナルド
ゼロスポーツのゼロEVフォーミュラ:2000年 276.6km/h@FISCO
があります。そのうち取り上げようかなと思ってます。 バイクの記録はまだ調べてないのでそのうち・・・。

過去の記録がまとめてあるサイトはここFIAのリストはここSCTAはここ(Bonneville speed week等)

FIAの記録を見ると1994年の3月にEV1のプロトタイプであるGM Impactが183.822 mph(295.8km/h)を記録してるのがちょっと印象的です。

ちなみに、1899年にCamille JenatzyのCITA No 25 La Jamais Contente(EVです)が自動車で初めて100km/hを越えて105.9km/hを記録しています(ホンダの記事)。  今じゃ当たり前のように高速道路を100km/hで走りますけど、自動車が100km/h出せるようになったのは2009-1899=たった110年前のことなんですね。

Buckeye Bullet

公式関連サイト写真はこの辺buckeyebullet 2 Press Kitブログ

今年(2009)に缶コーヒーのBOSSのCMに使われていたので、意外と知られてるような、そうでも無いような。CMでは「時速500kmの世界最速の電気自動車・・・」と紹介されてましたが映像をみるとEV(電気自動車)じゃなくてFCV(燃料電池自動車)のBuckeye Bullet 2の方ですね。

Buckeye Bulletはオハイオ州立大学の製作した車両で、2004年10月に米国のボンネビルの最高速チャレンジにて下記の記録を達成しています。
ちなみに、それまでの記録は1999年10月のDWRAのWhite Lightningが出した記録で245.524 mph(395.1 km/h)でした。AC Propulsionの150kWのシステム2基とNi-MH電池の組合せです。

Buckeye Bullet 2004年の記録
national record314.958 mph(506.9 km/h)
international record 271.737 mph(437.3 km/h)
fastest recorded speed 321.834 mph(517.9 km/h)

 

記録を達成した後、現在はBuckeye Bullet 2として2次電池を燃料電池に変えて、FCVとしてのチャレンジをしてるようです。
2009年9月には燃料電池車のBuckeye Bullet 2でMile Average Speed 487.4km/h、Kilometer Average Speed 487.7km/h、Peak Measured Speed 494.1km/hを記録しています。

spec.
車名Buckeye Bullet
(BB1)
VENTURI
Buckeye Bullet 2
(VBB2)
VENTURI
Buckeye Bullet 2.5
(VBB2.5)
タイプ EV FCV EV
車両重量1816kg(4000lbs)?  
車体鋼菅スペースフレーム鋼管スペースフレーム <--
駆動系5速MT6速MT <--
モーター 3 phase AC Induction
Motor500+HP
3 phase AC Induction
Motor700+HP
<--
電池Ni-MH(908kg)Ballard PEM
Fuel cell stack
A123 lithium-ion
記録 US record speed
314.958mile/h@2004
(506.9km/h)
(non FIA)
FIA Mile Average
302.877mile/h @2009
(487.4km/h)
FIA Mile? km? Average
307.66mile/h @2010
(495.1km/h)
(暫定結果)

3D CADソフトのSolid Worksのプロモーション映像です

主にBuckeye Bullet 2の方ですが


Venturi Buckeye Bullet 2 - The Next Generation in Land Speed Racing

Buckeye Bullet 2の方です。2009年の映像です。
0発進では車に押されてスタートしていきます。トランスミッションの変速はボタン操作で行っています。

Buckeye Bullet 2の方です。作業風景を早送りしたもの。
燃料電池のスタックがでかいなあ(真面目に取り組んでることの裏返しだと思います)。

コメント入力(承認後公開)

このブログについて

このページはsugao.jpのblogです。

最近のブログ記事