HOME > 目次 > Electric Vehicle > Blog >  エコカーが静過ぎて?「音出し」検討

エコカーが静過ぎて?「音出し」検討

更新:2011-05-04 作成:2009-07-07

EVとかハイブリッドというの静過ぎて車が近づいて来るのが分からないから危ないと国交省は2009/7/2から検討委員会を始めたようです、とニュースでやってました。

マスコミ報道はEVの報道をするたびにこの音の問題を強調します。
なんか違うと思うのでちょっと書いて見ます。

果たしてエコカーは静かなのでしょうか?

新型プリウスには接してないので分かりませんが、少なくとも先代はEVモードで走行していても独特のインバーター音がうるさかったです。よっぽどエンジンの高級車の方が静かでした。

今回のニュースにあった「HVが近づいてきたことに気づかず驚いた」という方はエンジン車が近づいても気付かったんじゃないかなあ。元々騒音の多い場所では、かき消されて分からなかったりしますし。

この問題はエコカーの問題にされてますが、エコカーだけが静かなわけでもないので、エコカーだけではなく自動車全体の問題なのだと思います。

静すぎて危ないというのは車社会のありかた、人と車との接し方の問題なんでしょうね。単純に音を付ければという話でも無い気がします。

音を付ける事になるのであれば、エンジン車も含めて全車に付ける必要があるのでしょう。当然音を出せば、騒音という公害となって跳ね返ってきますのでその辺のかねあいが難しそうですが。
ホーンの音量は人向けには大き過ぎると思うので、対人用のホーンを付けるのは賛成です。

EVは静かでなければEVじゃない位のプレシャーがある感じも受けます。
何年も前から、ちょっと高級な車エンジン車になると、エンジンを始動したのが分からなくてもう一度イグニッションキーをひねってしまう位、静かになっています(車内の話ですが)。
EVの場合、エンジン音がしなくなった分、コンプレッサーの音とか、サスペンションの音とか、何かが軋む音とか、インバータ音、ギヤノイズ等々、色々な音が目立ち気になります。それらを消すために必死に音消しの対策をした結果、静すぎると言われるのも皮肉だなあと思います。車は静かな方が良いと思います。

EVに触ってると、「うるさいなぁ、EVは静かなんて事を誰が・・・」とよく思ったりします・・・。
EVにはEVの独特の音とにおいがあります。

コメント入力(承認後公開)

このブログについて

このページはsugao.jpのblogです。

最近のブログ記事