HOME > 目次 > Electric Vehicle > Blog >  黎明期の蒸気・電気・内燃機関自動車

黎明期の蒸気・電気・内燃機関自動車

更新:2011-09-19 作成:2010-01-01

昔の電気自動車や蒸気自動車は写真や博物館でしか見られませんが、Jay Leno's Garageに黎明期の電気自動車や蒸気自動車で、現在の公道を実際に走行してる映像がありますのでちょっと紹介してみます。

Jay Leno's Garageには他にも面白い車が沢山あるので必見です。 右側のCATEGORIESから辿ると探しやすいです。 ジェイレノは車好きで多くの車を所有してるとは聞きますけど何台持ってるんでしょう。

 

下図1は黎明期のアメリカの動力源別の割合です。
T型フォードが自動車の大量生産を始める以前は、内燃機関の自動車よりも、蒸気自動車と電気自動車の方が多く走っていました。 1900年頃のアメリカの自動車生産高は約4000台で、図1とは少し違う気もしますがその40%が電気自動車だったそうです(※1)

黎明期における米国での自動車用動力源の変遷

図1、黎明期における米国での自動車用動力源の変遷(※2)

 

参考文献
※2、村中重夫:2030年の自動車用動力源、エンジンテクノロジーレビューVol1 No.1(2009)

1909 ベイカーエレクトリック(電気自動車)

Baker Motor Vehicle Company(米国1899-1914頃) は当時最大の電気自動車メーカーで、1906年には800台生産されました。エジソンも購入したそうです。女性に人気だったそうで、ちょっとお洒落な感じがあります。

トヨタ博物館の解説はここ記事2ジェイレノ ガレージの解説

トヨタ博物館のページ(pdf)にベイカーエレクトリックの運転方法の解説があります。

1909 Baker Electric<<--見れない時は
(何故白黒映像に・・・)

1922 スタンレースチーマー(蒸気自動車)

スタンレースチーマーは1927年まで生産されていたそうなので、最後の方の車でしょうか。
動画みると静かだし、予想外に速いですねえ。かなり想像と違う自動車でした。乗る前の儀式が大変そうですけどね・・・。

トヨタ博物館の解説はここジェイレノ ガレージの解説 、ジェイレノのガレージには他にも蒸気自動車があるので興味のあるかたはこちら

スタンレー社は1906年に蒸気自動車の世界最高速(非公認)127.66mile/h (205km/h)を記録してるのですが、今年(2009)まで100年以上破られてなかったそうです。

1922 Stanley Steamer<<--見れない時は

1925 T型フォード(ガソリンエンジン車)

T型フォードは1908年から生産を開始し、1927年に生産中止。1500万台を販売したそうです。当たり前の様に普通に走ってる感じですね。2010-1925=85年前の車です。

ジェイレノ ガレージの解説

1925 Ford Model T Roadster<<--見れない時は

 

コメント入力(承認後公開)

このブログについて

このページはsugao.jpのblogです。

最近のブログ記事