HOME > 目次 > Electric Vehicle > Blog >  全日本袖ヶ浦EV50kmレース大会(2010)

全日本袖ヶ浦EV50kmレース大会(2010)

更新:2011-05-04 作成:2010-07-21

全日本 袖ヶ浦 EV 50kmレース大会
2010.07.19
場所:袖ヶ浦フォレストレースウェイ 一周2.4km 気温35℃、路面温度55℃
主催:日本電気自動車レース協会
2.4kmのコースを21周のレースで行われました。トップのゴール時間は37分でした。
記事1

日本初のEVレースだと言ってる方が多くいるようですが何故??・・・・。

知り合いのレース屋さんが偵察に行きたいというので一緒に出かけてきました。

かなりの量の文章を書いたのですが、全部消して一言だけ。EVのスプリントというなら(スプリントになってませんでしたが)カッコよくやって欲しいです。少なくとも12年くらい前に鈴鹿の東コースで見た5周のスプリントレースは距離こそ短いですがレースでしたし、ストレートを駆け抜けていく姿と音はカッコ良かったです。
それに、EVに詳しい方が主催者側にいらっしゃるのかちょっと疑問に思いました。

あと、電池ケースの上に氷を置いて冷やすのは色々と間違・・・・。

 


レースの模様

 

決勝ラップタイプせっかく勝手に測ったので載せておきます(あまり意味ないですけど)。
予選でのNo.1のテスラロードスターのラップタイムは1分21秒3(タイヤはADVAN NEOVA)。i-Mievは予選で1分39秒9。
公式結果はこちら(pdfファイル)
(以下一部私の手計測です、公式結果では無いです)
No.1 Team TAISAN TESLA 飯田章
レース時間は37分13秒
1、1:46.89
2、1:45.57
3、1:50.80
4、1:48.98
5、1:49.31
6、1:47.93
7、1:49.90
8、1:44.21
9、1:48.63
10、1:48.44
11、1:47.59
12、1:48.19
13、1:48.71
14、1:48.54
15、1:49.35
16、1:47.42
17、1:46.47
18、1:42.53
19、1:45.40
20、1:37.54
21、1:29.02

 

今回の参加は千葉県勢が多かったので遠方で参加しづらいと思われる第2戦の岡山は台数集まるのかなあ?
そもそも、コンバートEVの最大のイベントで各自動車メーカーも集まる日本EVフェスティバルと日程が近すぎる(3日後)のは厳しいのでは・・・。

-->第2戦のエントリーリストが出ました。チームタイサンのテスラが1台増えてタイサンから計4台、iMiev(おそらく広報車)3台の計7台で争うようです。今の所、行く予定はありません。

コメント入力(承認後公開)

このブログについて

このページはsugao.jpのblogです。

最近のブログ記事