HOME > 目次 > Electric Vehicle > Blog >  LEAFに乗ってみた

LEAFに乗ってみた

更新:2012-03-25 作成:2011-08-23

今更感ありありですがようやくまともにLEAFに乗って箱根をドライブしてきたのでちょっとだけ感想を書いてみます。

印象

LEAFの印象はよく出来てるけど良くも悪くもガソリン車に似せて作ってあるなあという感じです。
良く出来てるが故に体で体感できる事が減り、幾つかメーターでしか確認出来なくなった事があるのが楽しみを減らしてるかなあと。
自分でも意外だったのが電池が減ってきたらパワーも減る方が安心できる感じを受けたことでした(LEAFは元々最後までパワーがー出るような電池を使っていますが更に制御をいれて最大出力は変わらないようにしてる印象です)。

メーター

メーターのデザインはかなり分かりづらいです。
特に一番重要なはずの電池の残料計が非常に分かりづらく、航続可能距離表示が信頼出来そうにない状況の時に不安感を増大させます。残料はデジタル数値で表示すべきだと思います。
逆に航続可能距離計はでかいデジタル数値で無駄に見やすく、箱根でその挙動をみると飛ばして走ったりするメディアが悪く書くのも理解できる感じまでしたのが意外な所でした。(市街地を普通に走る分には問題ないとも感じましたけど)
もし私がリーフを手に入れたらまず追加メーターを作ります。

LEAFメーターパネル
LEAFのメーターパネル(画像は公式サイトの物です。)
右のバーグラフが電池残量、デジタル数字が航続可能距離
左のバーグラフが電池温度
上の丸いのがパワー(回生でも色は同じく白丸、0でも一つ点くみたい)


LEAFのメーターパネル
写真はほぼ電池が無い状態で、走ると航続可能距離が数値ではなく横棒になります。

ナビの画面に情報を出した時
モーターの出力表示はメインのメーターよりもこちらの方が圧倒的に見やすいです。

EVの魅力回生ブレーキ

EVを運転したときの一番の魅力って回生ブレーキをかけてエネルギーを回収してる時の感覚だと思います。
でもLEAFはガソリン車に似せて作ったためにこの回生ブレーキを楽しめない印象を受けました。

LEAFはアクセルを離すと極軽い感じの回生ブレーキがかかり、ブレーキを踏むと強く回生がかかる仕掛けになっています。ブレーキの制御はよく出来ていて油圧と回生の領域の違いはよく分かりません。

アクセルを離しただけではエンジンブレーキよりも減速しない位の強さなので、回生ブレーキを使用して減速したい場合ブレーキペダルを踏むことになります。しかしブレーキペダルのエンジン車と同じ様な感じなのでペダルを踏んでる感触は回生というよりブレーキをかけてる気分になり気持よくないのです。

ここでもう一ついけないのが、メーターパネル内のパワーメーターです(これもまた非常に見づらい、0でも何故か一つランプが付くデザインで0で走りたい時も見づらいです)。
ブレーキを踏むと回生の方に表示が振れるのですが、メーターの最大値までいって「最大まで行ったからこの先は回生じゃなくブレーキで熱になってしまうのだ・・」と落胆しても実はその先でもまだまだ回生が強くなっているのです(ナビの画面のパワーメーターでそのことが確認できます、その先も少しあるような気がしないでもない)。
結局どこまでが回生でどこからが油圧かをメーターですら確認出来ないので回生を楽しみたい人にとってはフラストレーションが溜まります。

そして回生ブレーキでどの位運動エネルギーを回収出来たか確認したくても電池の残料計だとよく分かりません。ただ後続可能距離の数値は増えてるといった具合です・・・。

メーターなんて見なくてもフルに回生ブレーキがかけられる仕掛けになるとより 楽しめると思うのですけど。
回生ブレーキのパワー自体はTESLAロードスターと似たような感じだと思いますがまるっきり印象が違うのが面白い所です。

それ以外にもメーター周りは非常に不満がありますが後付でどうにでもなるので お金があればLEAF買ってみてもいいかなとは思います(もちろんファーストカーで、二台も持てないし)。本当に欲しいEVは別にあるんのですけどちょっと高い(TESLAじゃないです↓)。

eBox

追記

公式サイトには「エコモードを選択すれば、加速がマイルドになり、制動時の回生エネルギーも増加。空調設定も控えめになるため市街地走行で約10%の航続距離の延長が期待できます。」とありますが、結果的にはそうなるのでしょうが、エコモードでもきっちりフルパワー出ますし、普通のモードでもブレーキ踏めば最大で回生する感じです。エコモードと言わないでBモードとか違う名前にすればいいのにと思ったり、ユーザー側でパターンを選べる様にしたらもっと乗りやすくなるのにと思ったりしました。状況によりますがエコモードの方が乗りやすいです。

 

急速充電の配線は見えてる場所にあって計りやすいでついでの時に適当に測ってみました。
かなり見づらいグラフですが横軸が時間、黒線が電流、赤線が積算電流です。単純にクランプセンサをかませて測っただけです。途中段々になってる箇所がありますが、計測側の問題だと思います、精度は出ないので雰囲気程度な感じですが。

LEAFの急速充電例

 

コメント入力(承認後公開)

このブログについて

このページはsugao.jpのblogです。

最近のブログ記事