HOME > 目次 > Electric Vehicle > Blog >  CODA EVに乗ってみた

CODA EVに乗ってみた

更新:2011-09-19 作成:2011-09-18

CODA EVのショールームがオープンしたと聞いて次の週に行って来ました(偶然米国にいました)。場所はカリフォルニア州ロサンゼルスの大きなショッピングモール「Westfield Century City Shopping Mall」にあります(何故かカテゴリーはElectronics & Music)。
余分な話ですがショッピングモールのスケールにビックリし、アップルのショップ(携帯端末)に多くのお客さんが入っていてビックリ、年輩の方も結構多くてさらにビックリ。直ぐ横の日本企業のお店と対照的で・・・。
このショッピングモールから少しの所にテスラのショールームもあります。テスラのサービス工場もお洒落です。


CODA EVは試乗も出来たので乗ってみたのですが、ちょろっと走っただけでは私にはよく分からない位の印象でした(横にお店の綺麗なお姉さん乗ってるので無理できないですし)。ただギヤノイズが少々大きいかなという感じです。
そういえば床下に一面に電池を搭載してますが、実際に乗ってみて床面が高い印象は無かったです。
CODA EVは中国製です。プラットフォームは三菱自動車のライセンスらしいです。電池は中国製ですがモーターは米国老舗のUQM製です。展示模型ではコンタクターに松下のEVリレーが付いていて無駄にニヤリと。
回生ブレーキのフィーリングは、アクセルを離すと少し効いて、少し時間が経つと強くなり、ブレーキを踏むと強くなります。EVは車によって回生のかけ方が全く違うのでそれぞれ味が出て面白いなあと思います。

正直な所、外観のデザインはちょっとな感じです。HyndaiとかKiaの韓国勢が結構いいデザインの車を出してきていますが、中国勢は何年後にそこまで来るのかなあ?日本にいるとアジアの情報はほとんど伝わってこないので貴重な経験でした。

 

写真はクリックで拡大可能です。

ショールームの外側から見たところ。外に一台止めてあります。ショッピーングモール自体結構な人通りです。

ショールームに飾られてある模型。底一面に電池が搭載されています。

駆動はFFです。横置きに搭載されたUQMの100kW/300NmのPMモーターを一段減速して駆動します。

充電口は後ろ側です。6.6kW/240VAC(1.3kW/110VAC)の充電器を搭載してます。カタログには 2時間充電で50マイル、6時間フル充電で150マイル走行出来ると記載されています。日本のLEAFは200V15Aなので倍以上の速さで充電する事になります。

電池は中国製のLiFePO4です。333V、36kWh。728cell搭載されています。一充電走行距離150mile(241km)とカタログにあります。車両の保証は3年/36,000miles、電池の保証は8年/100,000miles。

ショールムからすぐの地下駐車場に専用のスペースが数台分用意されていました。充電スタンドも数台設置されています。ここから試乗にレッツゴーです。

試乗車のボンネットの中


コメント入力(承認後公開)

このブログについて

このページはsugao.jpのblogです。

最近のブログ記事