HOME > 目次 > Electric Vehicle > Blog >  ロサンゼルス空港(LAX)の充電スタンド

ロサンゼルス空港(LAX)の充電スタンド

更新:2013-10-21 作成:2011-09-17

その2はこちら

何回も米国ロサンゼルス国際空港(LAX)に行っておきながら、駐車場に設置されてる電気自動車の充電スタンドを見に行ってなかったので空港を出る前にちょっと寄ってみました(見に行ったのは2011年9月)。
たまたま宿泊したホテルの側にあったコスコの充電スタンドにも行ってみました。

以前のEV1やRAV4EV等のEVブームの頃に設置された数多くの旧タイプの充電設備はLEAFやVOLTで使用出来ません。コスコに設置された充電設備を見ながら、勿体無いなあというより正直呆れる印象を持ちました。充電器自体は車に搭載されているので、設置されているのは充電器ではなくただのコンセントの話なのに・・・・。
「ニワトリが先か卵が先か」になぞらえてインフラが先かEVが先かという議論が昔から結構ありましたけど、インフラがそこにあっても・・・。

そういえば日本に建てられた旧タイプの充電スタンドは今どうなってるのでしょう?。昔お台場の立体駐車場でコンバートEVに充電させてもらった記憶がありますけど。

LAXの充電スタンドの記事

メモ:経済産業省の資料(平成22年度次世代SSに関する市場動向等調査事業における報告書について)

ロサンゼルス空港(LAX)の充電スタンド

写真はクリックで拡大可能です。

場所は空港内の駐車場1番(第1ターミナルの所)です。。

見に行った時には日産リーフが6台、シボレーVOLT、テスラROADSTAR、BMW MINI-Eが各1台ずつ駐車してました。googleマップの上空からの写真を見るとRAV4EVが3台写ってますね。

VOLTのみ車両に接続されていました。

充電器の数は、非接触式3台(EV1、RAV4EV等)、非接触と接触式の両方備えたものが5台、新型が2台(LEAF等)ありました。

非接触と接触式の両方備えたもの

非接触式のプラグ。GMのEV1やTOYOTAのRAV4EV等で使われてました。長年使われた後の状態を見ると、非接触式が一番良いよなあと思います。
Magne Chargeとか(Paddle) Inductive chargeとも呼ばれます。SAE J1773の規格「SAE Electric Vehicle Inductively Coupled Charging」のようです。

接触式のプラグ。Ford Ranger EVやHonda EV Plus等で使われてました。
conductive chargeとも呼ばれます。SAE J1772-2001の規格「SAE Electric Vehicle Conductive Charge Coupler」のようです。

新型。SAE J1772-2010のようです。Level2。

新型のプラグ。

Carifornia Clean Air sticker

全然関係ないですが、駐車場の中央にあるレストラン?。変わった形なので思わずパチリ。

costco(日本だとコストコ)の充電スタンド

宿泊していた加州アーバインにあるホテルから歩いていける距離に充電スタンドがあるようなので行ってみました。行ったらコスコの駐車場にありました。店の正面入り口から直ぐの所です。

充電器は旧タイプの接触式が1台と非接触式が2台ありました。見に行った時はEVは止まってませんでした。

コスコは旧タイプの充電器が数多く設置されています、新しいタイプを設置するのに補助があるようですが切り替えないで撤去する話もあるようです

 

Los Angeles Convention Center

昔の写真漁ってたら出てきたので追記します。Los Angeles Convention Centerの駐車場の充電スタンドです。2006年1月の写真。

非接触のタイプ2台と接触式の1台

看板

充電器の前には日産のALTRA EVが止まってました。

斜めから

壁の看板

 

お台場の旧型充電スタンド

気になったので、お台場の自由の女神像の側、シンボルプロムナード公園駐車場A棟に以前から設置されている旧型の充電スタンドがまだあるのかついでの時に見てきました。見に行ったのは2011年10月末です。
この充電設備はLEAFやi-MiEVにはそのままでは使えません。200V30Aのコンセントもあるので変換すれば使えるとは思いますが・・・

2011年11月現在、お台場には急速充電スタンドはなく、また、有明に作られた急速充電スタンドは撤去されたようです。

2013年10月に再びチェックしました。
シンボルプロムナード公園駐車場A棟の充電器は片方が新型の普通充電の物に変わっていました。リーフやi-MiEVで充電出来ます。確認したら、新旧共に無料で使用可との事でした(駐車料金はかかります)。
首都高を挟んで反対側のダイバーシティ東京1階にも普通充電スタンドが2台あるようです。
チャデモマップを見る限りまだお台場には急速充電スタンドは無いようです。

出口の横に二台設置されています。

正面から。右側に非接触。左上のBOXの中に200V30Aと100Vのコンセントが入っています。

斜めから。裏側に接触式のコネクターがあります。横には積算電力計と積算時間のカウンターが付いています。積算時間は2725.4と116.8と表示されてました。

接触式のコネクタ

接触式のコネクタ。見ての通りLEAFやi-MiEVには形状が違い使用できません。

非接触式

200V30Aと100Vのコンセント。

コメント入力(承認後公開)

このブログについて

このページはsugao.jpのblogです。

最近のブログ記事