HOME > 目次 > Electric Vehicle > PIKES PEAK EV CHALENGE > 2010

2010年にパイクスピークに参加したEVの紹介ページ

(2013-02-13 Update)

2010年は一台のEVと二台の電動バイクが参加しました。この年はロワセクションの前半と、ミドルセクションの舗装に加えトップセクションの終わりの方も舗装されました。

 


The EV Sports Concept HER-02

TEAM YOKOHAMA EV CHALLENGE (2010)
横浜ゴムのチームです。 2010年に13分17秒575のコースレコードを記録しました。ライバーはIkuo Hanawa。

埋め込みが出来ないのですがこの動画が色々比較できて面白いかも(1分3秒~と4分31秒~)。
練習走行で同じ日に走行していた車両(VINTAGE, PIKES PEAK OPEN, EXHIBITION、計約34台)の中では3日間とも2番手のタイムを出していました。(ちなみに1番手はランエボに見えるけど実はパイプフレームの777号車(youtube))。

区間タイムで比較すると2009年に2WD Time Attackのコースレコードを記録したリースミレン(12分9秒)と遜色ないタイムで走行している区間もあるのでセッティングが進めばまだまだタイムは伸びそうです。

練習走行日から地元新聞のスポーツ欄の一面に載る等かなり注目を浴びてるようでした。

The EV Sports Concept HER-02 spec.
Weight 1,150kg
Motor AC PROPULSION AC Induction Motor 200kW
Battery SANYO Lithium Ion Battery 37kWh -385V
Drivetrain Rear-wheel drive
Single Speed Gear Box
Tire YOKOHAMA EV ON&OFF Prototype Tire
2010 HER-02

2010年 練習走行1日目(TOPセクションのスタートライン)。 この辺りから富士山の山頂より高い標高になります。
パイクスピークの様々な路面に対応するために,リヤの 縮み側はタイヤがカウルの羽ギリギリまで動くロングストロークのサスペンションです。

決勝ミドルセクション終盤

 

 

ElectroCat と Lightning DB2

2010年は電動バイクElectroCat と Lightning DB2が参加しました。No.123のElectroCatは電動バイクの最初のコースレコード16:55.849を記録しました(当初のライダーだったEvaは練習走行で左腕を痛めてしまったので決勝はJohn Scollonが運転しています)。Killacycle等を作ってるだけあって作り慣れた感じがします。

電池は両台ともA123、、LightningのモーターはAC20かな?

TTXGP等にも出てるLightningの人にちょっと電気バイクのレースの事を聞いてみたら、電気バイクで20分位なら問題なくレースが出来ると言ってました。今回は2台ともパワーのそれほどないタイプのバイクを持ち込んでました。

ELECTRO CAT spec.
Weight 165kg
Motor Permanent Magnet DC Motor Mars ETEK-RT
Controller Kelly Controls
Battery A123 Lithium-Nano-Phosphate 5kWh (106Volts)
Original Cagiva Freccia-90(Italian 125cc two-strike)
ElectroCat

車検日のElectroCat

Lightning DB2

スタート待機列で待つLightning DB2

PPIHC Pikes Peak 2010 Electric Motorcycle


上へ
パイクスピーク目次へ戻る