HOME > 目次 > Electric Vehicle > PIKES PEAK EV CHALENGE > 2013

2013年にパイクスピークに参加したEVの紹介ページ

(2015-06-22 Update)

2013年は4輪のEVが7台、2輪のEVが8台参加しました。2輪はExhibition Powersportsクラスに2台、Exhibition Powersports-Zという市販電動バイクZERO MOTORCYCLESのみの新しいクラスに6台の参加です。

2013年も近くで大きな山火事が起こり心配しましたが、すぐ近くで起きたのは消火出来て予定通り開催されました。

2013年は鳴り物入りでプジョーワークスのセバスチャン・ローブが参加しました。パイクスピークが全舗装になるまでは10分の壁と呼ばれたタイムがあり、段々とダート区間が減って舗装区間が増えてもタイムは伸びずに10分の壁は2011年まで破られませんでした。ローブはそんなタイムなど無かったかのようにただ一人8分台の8分13秒8という今後何年も破られないであろうタイムで優勝しました。全舗装になって二年目ですが参加車両の顔ぶれも大きく変わりや求められる特性なども大幅に変わった事を実感しました。
予定より早くローブがスタートしゴールした頃、山頂は真っ黒な雲で覆われアンリミテッドクラスのの次、タイムアタッククラスから強い雨や濃霧などの山の天気に翻弄される形に・・・。

EVクラスの4チームは昨年よりも大分速くなり総合で1位を取る目標でしたが予選では5番手タイム。もう少しタイムアップが必要そうですがローブを除くと僅差なのでトップに立てる日は近いでしょう。練習走行ではEVの得意とするミドルセクションでローブに続いて2番手タイムでした。
などと言いつつElectricクラスがアンリミテッドクラス化して総合優勝を目指さざるをえない感じになってるのが気になっています・・・。

今年はレギュレーションでスリックタイヤがOKになったので横浜ゴムチーム以外はスリックタイヤを履いて練習走行を行なっていましたが、決勝午後は天候が不安定でカットスリックやSタイヤ、レーシング・レイン等に履き替えていました。またレギュレーションでサイレンの音量が明記されて120dB以上と普通のレーシングカーより大音量だった為車検で引っ掛かる車両が多かったり・・・。

2輪は昨年は0台の参加でしたが、今年は昨年Ducatiの1200ccに乗り9分52秒で優勝したCarlin DunneがLightningのEVバイクで出場し練習走行からトップタイム連発し、エンジン車を含めた2輪全体でも優勝しました。パイクスピーク初です。おめでとうございます!!!

Pikes Peak 2013 Electric Vehicles with TEAM YOKOHAMA EV CHALLENGE

 

Sebastien Loeb

ぶっち切りのコースレコードで優勝した Sebastien Loeb Peugeot 208 T16 Pikes Peak


EV Sports Concept HER-02

2009年からオリジナルのEVレーシングカーでパイクスピークに挑戦している横浜ゴムのTEAM YOKOHAMA EV CHALLENGE。
今年もBluEarth-Aというエコタイヤを履いてのチャレンジでした。決勝は土砂降りと濃霧の中での走行となりました。そんな中でも良いタイムを刻んでいましたが残念ながらゴールまで後わずかの所で電気系トラブルによりリタイヤしました。

EV Sports Concept HER-02
TEAM YOKOHAMA EV CHALLENGE
EV Sports Concept HER-02 spec.
Chassis Design Ikuo Hanawa / Summit Racing
Body Design Kenichi Sato / YOKOHAMA RUBBER
Chassis Tubular Space Frame
Weight 1,150kg
Motor AC PROPULSION AC Induction Motor 190kW
Charger AC PROPULSION Onboard bi-directional with 18kW for charging, V2G and UPS mode.
Battery Panasonic Lithium Ion Battery 37kWh -385V
Drivetrain Midship Rear wheel drive
Single Speed Gear Box
Tire YOKOHAMA BluEarth-A
Wheel YOKOHAMA ADVAN Racing RGII
L x W x H (mm) 3800 x 1900 x 1100

パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム 2013
「EV が開く新たなモータースポーツの扉」

eO PP01

2012にダカールラリー、2013年にAfrica Eco Raceに51.2kWhも電池を積んだプラグインハイブリッドで出場したラトビアのチームが新たに参加。 この車両と、TMG、三菱の計四台が出力400kW (544ps)と何故か同じパワーで揃ってます。モーター、バッテリーはどの車も違うメーカーのものです。
PP01はGr.Cカーっぽい形で今回出場したEV(car)の中では一番軽量に作られていました。4つのモーターで減速機を介さずにダイレクトにそれぞれのタイヤを駆動します。
決勝は速いタイムで走行してましたが残念ながらクラッシュによりリタイヤしました。

eO PP01
eO PP01 spec.
Drivetrain Independent & direct all wheel drive4WD
(4 Motor direct drive)
Motor Four liquid cooled YASA-750 electric motors, total peak power 400 kW (536hp) / peak torque 3000 Nm
Inverter Four liquid cooled SEVCON electric motor controllers
Vehicle controller eO master controller
Chassis eO tubular spaceframe chassis
Body Aquila carbon fibre bodywork
eO high downforce aerodynamic package
Tyre 17″ hill climb compound slick tyres
Weight Total mass 1050 kg
Charger eO 80 kW off-board DC charger

Electric eO PP01 Test Run in Pikes Peak International Hill Climb 2013, Jānis Horeliks

 

TMG EV P002

トヨタF1のチーム母体だったToyota Motorsport GmbH (TMG)の手がけるEV。2012年はTEAM SHOWの奴田原選手の運転でEVのコースレコードを記録。今年はTRD USAと組んで参加。ドライバーはパイクスピークで過去何度も優勝したロッド・ミレン。
前後に大型のウイングやその他の改良でダウンフォースは昨年の3倍位に増えたそうです。モーターの冷却廻りを強化して400kWと昨年より50kWパワーが増えています。

TMG EV P002
TMG EV P002 spec. (2013)
Motor Evo Electric 2 x Axial Flux max400kW (536hp)
Inverter 2 x TMG inverters
Battery Lithium Ceramic Technology 42kWh
Drivetrain 2WD (Rear drive)
L x W x H (mm) 4100 x 1790 x 1040

The 91st Running of the Pikes Peak International Hill Climb

E-Runner Pikes Peak Special

Team APEV with モンスタースポーツで参加(APEVは電気自動車普及協議会)。ドライバーは2011年まで総合6連勝のモンスター田嶋。今年は昨年とほぼ同等の仕様ですが大幅に軽量化してきたそうで今年のMMCの車両より軽量だったので驚きました。スタート時の加速も目ではっきり分かる程良くなってるように見えました。今回も出場してるEVの中でピークパワーが飛び抜けて高い車両です。
天候が不安定だった決勝では上手い所を見せて10分を切りEVのコースレコードでEVクラスを優勝しました。

E-Runner Pikes Peak Special
TEAM APEV
E-Runner Pikes Peak Special spec
Make TAJIMA Motor Corporation
Body Chassis Aluminum space frame
Motor 2x Liquid cooled motor
Battery MITSUBISHI HEAVY INDUSTRIES "MLiX" Lithium-ion
Inverter RINEHART MOTION SYSTEMS LLC
Drive train All wheel drive
Tire&Wheel Tire Front/Rear: 295/40-20 FALKEN ZIEX S/TZ01
Dimensions Overall:5500L x 1950W x 1300H mm
*Included front and rear wing
Wheelbase 2700mm

GoPro: The Electric 'Monster' Tajima - Pikes Peak 2013 Electric Class Winner

i-MiEV Evolution

2012年の際はi-MiEVのコンポーネンツを流用したとの事でしたが、今年は勝てないのが分かってかなりふり構わずに作ってきた印象を受けます。
電池を床下全面に搭載するなどEVのレーシングカーはこうなるという一端を見せてくれてます。ダウンフォースは昨年の4倍に増加。フロントはデフ、リヤは左右それぞれと計3箇所の4個のモータをコントロールして旋回性能を高めています。事前の発表では昨年の総合優勝より速い9分30秒がターゲットタイムでした。
今年は増岡さんの他にGregTracyが参加(当初はAmarok P1Aの電動バイクでエントリー)。昨年の2輪で9分58秒で2位となったライダーで、2輪ではパイクスピークで何度も優勝しています。1位だったCarlin Dunneも電動バイクにスイッチしているのが興味深い所です。
練習走行ではEVクラスのトップタイムを連発し、ミドルセクションでローブに続く2番手と調子良さそうでしたが、決勝は天候に悩まされた感じで優勝を逃しました。

MiEV Evolution II
MITSUBISHI MOTORS
MiEV Evolution II spec.
Motor Front x 2 , Rear x 2 , total 400 kW max
MEIDENSHA Synchronous AC motor  
Inverter MEIDENSHA
Frame tubular spaceframe
Battery Lithium Energy Japan 50kWh
Tire 260/660 R18
Drive train All wheel drive
L x W x H (mm) 4341×1900×1339

Mitsubishi vs. Pikes Peak 2013 (Produced by Driving Sports TV)

Honda Fit EV

Honda R&Dから参加。ドライバーはRoy Richards。
基本的に市販のスペックと同じようですが、がちがちのロールバーやスリックタイヤを履いたりしています。決勝ではかなり濃い霧に包まれて最終コーナ付近でコースアウトしてタイムロスしてしまったようです。

Fit EV
Honda Fit EV spec .(production model)
L x W x H (mm) 4115×1720×1580
Motor max 92kW (123hp) 
Battery Lithium-Ion Battery 20kWh
Drive train FF

Lightning Motorcycle Electric SuperBike

Lightning Motorcycleは電動バイクレースの中でもトップを争ってるチームの一つです。当初は2011年に電動バイクのコースレコードを出したChip Yatesがエントリーされていましたが、昨年2輪(1205ccクラス)でDucatiに乗って9分52秒のコースレコードで2輪総合で優勝したCarlin Dunneに変更になりました。練習走行から2輪全体でのトップタイムを連発し決勝でも2輪全体でトップタイムを出し優勝しました。
2輪は練習走行出来る本数が多いので、2台のバイクを充電しながら練習走行を行なっていたようです。

Lightning Electric SuperBike

 

Electric Motorcycle Beats Gas Bikes and Wins Pikes Peak Hill Climb

Amarok Racing Amarok P1A

カナダのレース用電動バイク。当初ライダーはGreg Tracyでエントリーされていましたが三菱チームに変更になり、最終的に Michael Leon が乗ることになりました。
決勝はスタート後の赤旗中断で予定外の走行を強いられてしまった事もあってか、ゴール直前で電欠でリヤイヤしてしまった様です。
VIDEO & SPEC. COMING SOONでしたが

Amarok P1A

 

Electric Motorcycles Pikes Peak Lightning Superbike ( from 0 min 9 sec )

 

ZERO MOTORCYCLES

2012年は電動バイクは1台もいませんでしたが、市販電動バイクのZERO MOTORCYCLEが一気に6台の参加して新たに「 Exhibition Powersports- Z 」クラスが出来ました(レギュレーションでは6台以上がクラスが成立する条件)。市販車があるってそういう意味でも強いよなあと。

練習走行日には自走で登っていく電動バイクがいて?な感じでした。ZEROだと電池はサクッと交換出来ますが・・。レースに出場していたバイククなのかは分かりません。モーターの温度を気にしてケアするパーツをそれぞれつけていました。新しいタイプのモーターは見た目結構良さげでした。

Entry List
880 Nathan Barker Zero-FX
777 Jeff Clark Zero-FX
11 Troy Siahaan Zero-FX
64 Jeremiah Johnson Zero-S
26 Ted Rich Zero-S
111 Brandon Miller Zero-S
ZERO MOTORCYCLES

Pikes Peak Raceday with Ted Rich 1280 x 720)

Qualifying electric motorcycle at Pike's Peak Hill Climb (Jeremiah Johnson)

Result

No Class Name Time CAR
1 Electric Nobuhiro Tajima 09:46.530 E-Runnner
32 Electric Hiroshi Masuoka 10:21.866 MiEV EVO II
34 Electric Greg Tracy 10:23.649 MiEV EVO II
76 Electric Rod Millen 10:24.301 TMG EV P002
24 Electric Roy Richards 17:30.614 Fit EV
8 Electric Ikuo Hanawa --.--- HER-02
100 Electric Janis Horeliks --.--- eO PP01
Electric Class Result
No Class Name Time Bike
5m Exhibition Powersports Carlin Dunne 10:00.694 Lightning
74m Exhibition Powersports Michael Leon --.--- Amarik
Exhibition Powersports Result
No Class Name Time Bike
777m Exhibition Powersports-Z Jeff Clark 12:00.978 Zero-FX
64m Exhibition Powersports-Z Jeremiah Johnson 12:05.612 Zero-S
11m Exhibition Powersports-Z Troy Siahaan 12:24.083 Zero-FX
26m Exhibition Powersports-Z Ted Rich 12:53.612 Zero-S
880m Exhibition Powersports-Z Nathan Barker 13:14.262 Zero-FX
111m Exhibition Powersports-Z Brandon Miller 13:16.476 Zero-S
Exhibition Powersports-Z Result

上へ
パイクスピーク目次へ戻る